祇園祭 宵山 時間祇園祭 宵山 2016祇園祭 宵山 場所祇園祭 宵山 マップ祇園祭 宵山 屋台祇園祭 宵山 楽しみ方祇園祭 宵山 歩行者天国祇園祭 宵山 14日京都 祇園祭 宵山祇園祭 宵山 昼間
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祇園祭 山鉾巡行 2016 祇園祭 宵山 2016情報!

祇園祭 山鉾巡行 2016 祇園祭 宵山 2016情報はこちらでチェック!

祇園祭 宵山 マップ

f:id:gionmatsuri2016kyoto:20160716081628j:plain

f:id:gionmatsuri2016kyoto:20160716081652j:plain

前祭さきまつり(7月17日山鉾巡行

7月10~14日
各山鉾町にて鉾建てが始まる。
鉾曳き初め
組み立てが完了すると、各山鉾町ごとにおはやしを奏しつつ、町内で試し曳きを行います。
7月14~16日
宵山 夕刻~
山鉾に吊られた駒形提灯に火が入り、祇園囃子が流れると、祭りは最高潮を迎え、宵山見物の人達で通りがいっぱいになります。各町内では、子供たちも混じり、厄除けの粽、御礼、お守りを授与する。有料。(鉾により価格は違います)
16日22時頃より、各鉾町のお囃子のみが17日の巡行の無事を祈り、四条御旅所へ参拝する。(四条御旅所~各鉾町を往復する)
※15・16日の18~23時に歩行者天国の予定
15・16日 → 四条通りの八坂神社~堀川間(予定)
15・16日 → 烏丸通りの高辻~御池間(予定)
7月17日
山鉾巡行 9時~
長刀鉾を先頭に23基の山鉾がいよいよクライマックス、都大路を巡行。巡行の順位は7月2日に行われたくじ取り式にのっとり、行われます。先頭の長刀鉾は「くじ取らず」といい、毎年先頭と決まっています。
巡行経路は、四条通河原町通御池通→新町御池まで。その後、各鉾町に戻り、戻り次第すぐに解体されます。少しさみしい気もしますが、山鉾が街中を巡行することで厄を集めるとされているので、その集めた厄を留めないようにするためなのです。

前祭宵山の見どころ
コンチキチンの祇園囃子が鳴り響く中、飾り付けられた23基の山鉾の駒形提灯に灯がともされ、大勢の人出でにぎわいます。夜店があちこちにいっぱい出ているので浴衣を着てお出かけしてみては如何でしょうか?もしかすると掘り出し物があるかもしれませんよ。
後祭あとまつり(7月24日山鉾巡行

7月18~21日
山鉾建て
後祭の10基の組み立て
7月21~23日
宵山
四条通などの歩行者天国はありません。露店も出ない予定です。
7月24日
山鉾巡行 9時30分~
巡行経路は、烏丸御池河原町御池→四条河原町四条烏丸

前祭(さきまつり)

山鉾巡行・前祭 7月17日
前祭宵山 7月14~16日
宵山期間の歩行者天国は15・16日のみの予定
前祭 山鉾建て 7月10~14日

33基中、23基が巡行。長刀鉾を先頭に昨年同様のコースを巡行します。
四条傘鉾と綾傘鉾は前祭の巡行中に「棒振り踊り」を披露。
後祭(あとまつり)

山鉾巡行・後祭 7月24日
後祭宵山 7月21~23日
宵山期間の町内は車両通行止めになりますが、歩行者天国・露店はなしの予定
後祭 山鉾建て 7月17~21日
祇園祭行事日程表
日 付 行事名 場 所 時 間 内 容
7/1?5 吉符入り 各山鉾町 - 神事はじめの行事。関係者が集まって打ち合わせをしたりお祓いをして祭りの無事を祈ったります。
7/10 お迎提灯 八坂神社 16時半? 祇園祭の神輿を鴨川の水で清める「神輿洗式」という神事を行う前に、神輿を迎えるため提灯行列が市内を巡行。
7/10 神輿洗式 八坂神社?
四条大橋 神輿洗
20時? 神社での神事後、神輿の通る道を清めるため大松明を担いで往復。その後、神輿を四条大橋上に運び鴨川の水で清めます。この時の鴨川の水にかかれば厄除けになるとか。また、松明の消し炭も持ち帰って玄関に飾っても、厄除けになるとされています。
7/10?14 前祭 山鉾建て - - 各山鉾町で山鉾の組み立てが行われます。くぎを一切使わない縄がらみという伝統技法を見ようと多くの見物客も集まります。詳細日程は下記参照。
7/12?13 前祭 曳初め・
舁初め - - 各山鉾町でお披露目をかねて山鉾の試し曳きを行います。老若男女問わず山鉾が曳けるので一帯は大賑わい。おおむねの開催時間が決まっているので、曳初めのハシゴもできるでしょう。なお、綱を引くと1年の厄除けになるといわれています。詳細日時は下記参照。
7/14?16 前祭 宵山 基本的には山鉾の建っているエリアで開催する予定です - 各山鉾の町会所では「会所飾り」といって御神体や懸装品を展示公開。粽の授与や各山鉾町のオリジナルグッズも販売されます。歩行者天国は15・16に実施予定。
7/16 献茶祭 八坂神社 9時? 茶道の家元が濃茶と薄茶を点てて神前に供えます。23日は煎茶道家元による煎茶献茶祭を実施。
7/16 石見神楽 八坂神社 18時半? 島根県石見地方の伝統芸能。八坂神社の祭神スサノヲノミコトが登場するため神事として奉納されます。
7/16 日和神楽
(前祭) 各山鉾町・
四条御旅所・
八坂神社 22時? 前祭を巡行する各山鉾町の囃子方が演奏をしながら御旅所と各町会所を往復します。長刀鉾のみ八坂神社まで出向いて奉納。
7/17 山鉾巡行
前祭巡行 - 9時? 巡行することで町を清め、神様を町に迎える準備をします。巡行後、集めた邪気が逃げないように山鉾はすぐに解体。四条麩屋町長刀鉾の稚児による注連縄切り、四条堺町でのくじ改め、曲がり角の辻廻し、山鉾が連なる大通り、町家の並ぶ新町通の巡行などがおすすめの見学ポイント。
7/17 神幸祭 八坂神社?
四条御旅所 神輿出発
18時頃? スサノオノミコトをはじめとする八坂神社の祭神を遷した3基の御輿が各所定のルートを通り、四条寺町付近の御旅所で鎮座。24日までここで祀られます。
7/17?24 無言詣り 四条御旅所 - 3基の神輿が御旅所に奉安される7日間。毎晩お参りすると願いが叶うという古くからの習わしです。道中誰に会ってもしゃべってはいけないため無言詣りと呼ばれています。
7/17?21 後祭
山鉾建て - - 後祭の山鉾10基が組み立てられます。
詳細日程は下記参照。
7/20?21 後祭
曳初め・舁初め - - 後祭巡行を行う山鉾の一部が実施します。
詳細日時は下記参照。
7/21?23 後祭 宵山 - - 後祭の山鉾10基がある町内で行われます。車両通行止めはありますが歩行者天国・露店の出店はない予定です。
7/23 日和神楽
(後祭) - - 後祭を巡行する各山鉾町の囃子方が演奏をしながら御旅所と各町会所を往復します。 前祭と同様、巡行時の晴天を祈って行われます。
7/23 役行者
護摩焚き 役行者山 14時? 修験道にゆかりある山鉾町を聖護院の山伏が回ります。役行者山前では護摩焚きをし、お経をあげます。
7/23 あばれ観音 南観音山 - 深夜に行われる南観音山だけの儀式。御神体を布で覆い、台座にくくりつけ町内を巡行。途中台座を上下にゆすって暴れさせるため「あばれ観音」と呼ばれています。
7/24 山鉾巡行
後祭巡行 - 9時半? 9時半に烏丸御池を出発。17日の前祭巡行とは逆のコースを10基の山鉾が進みます。
7/24 花傘巡行 八坂神社?
市役所 10時? 総勢約1000人による巡行。元々、17日(前祭)と24日(後祭)に分かれて行われていた山鉾巡行が17日に統一されたことをうけ、「後祭」を伝承すべくはじまりました。そして2014年には、後祭が復活することを受け、後祭巡行とともに実施されることになります。
7/24 還幸祭 四条御旅所?
八坂神社 17時? 3基の神輿が各所定のルートを通り八坂神社へと戻ります。
7/28 神輿洗式 八坂神社?
四条大橋 神輿洗
20時? 鴨川の水で神輿を清める神事。形式は10日とほぼ同じ。
7/31 疫神社夏越祭 八坂神社内の
疫神社 神事
10時? 八坂神社境内にある疫神社で茅の輪をくぐって厄払いをします。神事後は一般客もくぐることが可能。
【山鉾建て日程表】
前祭
7/10 長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾
7/11 放下鉾、船鉾、岩戸山
7/12 保昌山、山伏山
7/13 占出山、霰天神山、郭巨山、伯牙山、
芦刈山、油天神山、木賊山、太子山、
楽天山 、綾傘鉾、蟷螂山
7/14 四条傘鉾、孟宗山
後祭
7/17 大船鉾
7/19 北観音山、南観音山、鯉山
7/20 浄妙山、黒主山、役行者山、鈴鹿山、八幡山
7/21 橋弁慶山
※日付は山鉾建ての開始日です。山鉾によって

山鉾巡行の穴場は?

山鉾を一番身近で観ることができる穴場は…新町通です。

新町通は細い通りにもかかわらず、放下鉾、南観音山、北観音山、八幡山の4つの山鉾があって、ホント、目の前を巡行していくのを観ることができますよ。

よくテレビ中継されている四条河原町交差点での長刀鉾の辻回しは有名ですが、新町通から四条通りに出るために方向転換するので、辻回しも観ることができます。

後祭(あとまつり)の日程

後祭 山鉾建て:7月17~21日

後祭 曳初め・舁初め:7月20~21日

後祭宵山:7月21~23日

※町内は車両通行止めになりますが歩行者天国・露店はなしの予定

山鉾巡行・後祭巡行:7月24日

9:30 ⇒ 烏丸御池を出発
10:05 ⇒ 河原町御池を通過
10:40 ⇒ 四条通河原町を通過
11:22 ⇒ 四条烏丸に到着

※巡行ルートと先頭通過予想時間:9時半烏丸御池河原町御池→河原町四条→11時22分四条烏丸

後祭に登場する山鉾(全10基)

北観音山 鯉山 浄妙山
南観音山 八幡山 大船鉾
橋弁慶山 鈴鹿
役行者山 黒主山
大船鉾(おおふねほこ)

150年ぶりに山鉾巡行に復帰し、後祭の最後尾を艶やかに飾る「大船鉾」は、神功皇后が凱旋した船に由来する船鉾。

祇園祭の楽しみ方

山鉾に上がる

山鉾の中には、一般でも搭乗できるものがあるので実際に上がって内部の装飾や眺めを楽しむことができます。

ご朱印の収集

宵山期間中は、山鉾がある町内会にご朱印が用意されています。

スタンプラリー感覚でご朱印集めするのも楽しみの一つです。

祇園囃子の音色を楽しむ

山鉾の巡行時には、笛や太鼓、鉦(かね)で奏でられる祇園囃子

各鉾や曳きでそれぞれ演奏されるので耳を澄まして楽しんでみてはいかがでしょうか。

山鉾巡行の有料観覧席

動く美術品と称される祇園祭山鉾巡行

その巡行をゆっくりと楽しみたいのなら、場所取り不要の有料観覧席がおススメ。

前祭と後祭のそれぞれ巡行当日に、御池通に設置されます。

京都祇園祭宵山の楽しみ方!前祭後祭の山鉾地図

宵山の楽しみ方を超わかりやすく言うと、

・華麗な「山鉾」の見物

・お祭り「屋台」で飲食 です。

この2つができれば、宵山を楽しんだと言えるでしょう。

ただし、後悔しないように見物するには、山鉾の地図と一覧(拝観・グッズ販売など)の下調べが必要です!